正しい方法を知る

芝生の手入れについて注意すべき点

芝生の手入れについて注意すべきことは、まず芝刈りを定期的に行うことです。定期的に行うことで、きれいな景観を保つだけでなく、雑草を除去することもできるからです。特に梅雨などの際は、芝生が生長しますのでこまめな手入れが必要になってきます。芝刈りをするのでしたら、晴れの日のほうがきれいに狩ることができます。注意点としては、一気に芝刈りをしてしまうと、葉の部分がなくなりますので緑の景観が失われてしまうからです。 もう一つ注意点としては、刈った芝の始末をしっかりとしておくことです。芝生の種類によっても違いますが、一部には刈った芝から発生して根付いてしまうことがあるからです。高温で湿度が高い場合には病原菌がつくこともあるのでしっかり手入れします。

知っておくとよい情報

芝生を手入れするうえで、知っておくとよい情報はまず水やりです。春は3〜4日に1回、夏は毎日1回と、庭木に水をやるような感じで水やりをしておくことで芝生が生長します。広い芝生ならスプリンクラーが便利です。最近では家庭用のもの発売されています。 さらに、芝生はしっかりと観察して、人為的なもの以外の異常は病原菌であることを考慮したほうがいいです。そのため、害虫の食害などで影響が出たら、殺菌剤をまくなどの処理をします。 芝焼きといって2月から3月ごろに芝生の一部を焼くことで、病害虫の卵などを事前に除去できます。このように、一年をかけて丁寧な手入れをしておくことで、きれいな庭の外観が保たれますし、緑は癒しにもなります。